親知らず(上の歯両方)の抜歯手順と痛み、抜いた後の鎮痛薬の効果

久しぶりに歯医者へ定期健診に行ってきたのですが、突如先生から親知らずの抜歯を進められました。抜歯の理由は様々のようですが、私の場合抜歯をした方が良い理由として下記を指摘されました。

[dt_vc_list]

  • 一番奥に位置する親知らずの歯がきちんと磨けていないので予防も兼ねて今のうちに抜いておいた方が良い
  • 今後、虫歯・歯周病になってから処置すると歯の状態が悪いため処置が難しくなることがあり、今のうちに抜いておいた方が良い

[/dt_vc_list]

抜いておいて損は無いのはわかったのですが、何がイヤって抜歯って怖いんですよね。。。
抜歯時に麻酔が効かなかったらどうしよう、血が止まらなくなったらどうしよう・・・等々。(そうですよ、男らしくないんですが、でも、この不安わかってくれる男性は少なからず居るはず。)

まあ、年取って親知らずの処置に苦しむより、今のうちに苦しんでおこうと一大決心し上の歯両方の親知らずの抜歯をすることに決めました。

上の歯の両側の親知らずを抜歯

歯医者さんで撮った歯のレントゲン写真がこちらです。


Warning: preg_match(): Compilation failed: invalid range in character class at offset 12 in /home/kbtoct/kbtoct.com/public_html/wp/wp-content/plugins/js_composer/include/classes/shortcodes/vc-basic-grid.php on line 175

上の歯両方の親知らずを抜くのですが、歯医者さんからどちらを先に抜くかのやり取りが以下になります。

歯医者さん「どちらの歯を先に抜きますか?」

「どちらって何か違いでもあるんですか?」

歯医者さん「写真の左側の親知らずの大きさが比較的小さいため抜歯時・抜歯後のダメージが小さいね。右側は大きいのでダメージが大きいかな。」

「・・・([心の中]ダ、ダメージって何??HP減るの?ってことは万が一会心の一撃喰らうと死んじゃうの??)」

歯医者さん「最初は小さい親知らずを抜こうか。」

「ぁぃ…」

というような会話だったと思いますが、抜く前は不安でしたね~、怖かったですね~。とりあえず、まずは小さい方の親知らずを抜き、別の日に片方の大きめの親知らずを抜くことになりました。

親知らず抜歯時の手順と痛み

小さい方の親知らず抜歯時の手順と感想

小さい方の親知らず抜歯時の手順は下記になります。

①麻酔注射軽減するための麻酔を親知らず周辺に塗ります。5分程度放置し効き目を良くします。ここは痛くないです。

②麻酔注射します。何度か角度、位置を変えて注射針をじっくり刺します。針を刺す際に多少チクッとしますが、個人的には我慢できる痛みです。(その痛みより抜歯の恐怖が数段勝っていたため。)

③麻酔が効くまでしばらく待ちます。

④しばらくして抜歯開始です。目をつぶっていてどういう器具を使ったのかわからなかったのですが、歯医者さんのひとさし指と親指が口の中に突っ込まれた感覚があり、それから5秒程度で親知らずがメリッと音を立てたというか振動が発生しました。その時歯医者さんが「もう抜けますよ」と言ってくれたので、戦いは終わったと安堵しました。その後すぐポロっと取れました。

この一連の流れに麻酔の針を刺す際の痛み以外は全くと言っていい程ありませんでした。これが小さい親知らずだったためダメージが小さいってことか?まあ、とりあえず終わって安心しました。

今回抜けた小さい方の親知らずはこちらです。これは結構小さい方らしく、おかげで短時間で抜歯が終了しましました。


Warning: preg_match(): Compilation failed: invalid range in character class at offset 12 in /home/kbtoct/kbtoct.com/public_html/wp/wp-content/plugins/js_composer/include/classes/shortcodes/vc-basic-grid.php on line 175

大きい方の親知らず抜歯時の手順と感想

1週間後、大きい方の親知らず抜歯時の手順は下記になります。

①麻酔注射軽減するための麻酔を親知らず周辺に塗ります。5分程度放置し効き目を良くします。ここは痛くないです。(小さい方と同じ)

②麻酔注射します。何度か角度、位置を変えて注射針をじっくり刺します。針を刺す際に多少チクッとしますが、個人的には我慢できる痛みです。(小さい方と同じ)

③麻酔が効くまでしばらく待ちます。(小さい方と同じ)

④しばらくして抜歯開始です。歯医者さんのひとさし指と親指が口の中に突っ込まれた感覚があり親知らずに圧力をかけていると感じるのですがびくともせず。。。使う器具を変えたり立ち位置を変えて圧力を加えてみたりが15分程度続いた後でグシャッと顎に響いた直後にポロっと親知らずが抜けました。いや長かったですね、途中で「今日は抜けないので日を改めて抜きましょう!」という歯医者さんの言葉をどれだけ待ち続けたことか。。。

今回抜けた大きい方の親知らずはこちらです。かなり手ごわかったです。


Warning: preg_match(): Compilation failed: invalid range in character class at offset 12 in /home/kbtoct/kbtoct.com/public_html/wp/wp-content/plugins/js_composer/include/classes/shortcodes/vc-basic-grid.php on line 175

親知らずを抜歯後の痛みと鎮痛薬の効果

小さいほうの親知らずを抜いた後は麻酔が効いているので痛くなく、麻酔が切れるまでに鎮痛剤(ロキソニン)を飲みました。一日3回飲む薬ですが、薬一日飲んだところで鎮痛剤は使わなくても痛みはほぼ出ない状況でした。

一方で、大きいほうの親知らずを抜いた後も麻酔が効いているので痛くなく、麻酔が切れるまでに鎮痛剤(ロキソニン)を飲みました。薬一日飲んだところでは効き目が切れるとなんだかツーンとした痛みがあり丸3日鎮痛剤を飲み続けてやっと痛みが治まった状況ですね。その後は痛み等はありませんが、歯を磨く際によく出血はしました。

何はともあれ、無事に2本の親知らずの抜歯を乗り越えホッとしました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる