小田急線登戸駅構内の一部がドラえもん装飾に変化!

小田急線登戸駅構内の一部がドラえもん装飾に変化していビックリ!
後で調べて知ったのですが、2019年2月26日からドラえもん装飾に対応したとのこと。
元々、電車が近づいた合図を示す音声がドラえもんの歌だったのですが、駅構内の一部にもドラえもん装飾が施されました。

最初に気づいたのが【登戸駅名標】

私が最初に異変に気付いたのは【登戸駅名標】でした。
黄色い鈴にドラえもんの薄青色の名標を見てビックリ!あ~、この青の色合いがなんともドラえもんチックな色あいだな~とマスクの下でニヤニヤしちゃいました。


Warning: preg_match(): Compilation failed: invalid range in character class at offset 12 in /home/kbtoct/kbtoct.com/public_html/wp/wp-content/plugins/js_composer/include/classes/shortcodes/vc-basic-grid.php on line 175

周りを見渡すとあちこちがドラえもん装飾に

周りを見渡すと、エレベータがどこでもドアになっていました。さらに、ごみ箱、案内掲示板まで。


Warning: preg_match(): Compilation failed: invalid range in character class at offset 12 in /home/kbtoct/kbtoct.com/public_html/wp/wp-content/plugins/js_composer/include/classes/shortcodes/vc-basic-grid.php on line 175

駅ホームの待合席には、ど真ん中にドラえもんの後姿の椅子が作られていました。待合席に何人か人がいましたが、まあ、大人はドラえもんを避けて座っていましたね。。。


Warning: preg_match(): Compilation failed: invalid range in character class at offset 12 in /home/kbtoct/kbtoct.com/public_html/wp/wp-content/plugins/js_composer/include/classes/shortcodes/vc-basic-grid.php on line 175

小田急線登戸駅とドラえもんの関係

小田急線登戸駅とドラえもんの関係は、おそらく登戸駅が藤子・F・不二雄ミュージアムに行く最寄りの駅だからと思われます。
又、ドラえもんの原作者の藤子・F・不二雄は川崎に一時住まれていましたし、ゆかりのある方だからかもしれませんね。
ちなみに、登戸駅から藤子・F・不二雄ミュージアムへ行く直行バスが出ていますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる