「元祖鴨南ばん本家」で本鴨を食す (再訪) 湘南台

「元祖鴨南ばん本家」を数か月前に訪れたのですが、今回再訪する機会がありました。
外観やメニューは前回訪問した際の写真を使わせてもらいます。

Warning: preg_match(): Compilation failed: invalid range in character class at offset 12 in /home/kbtoct/kbtoct.com/public_html/wp/wp-content/plugins/js_composer/include/classes/shortcodes/vc-basic-grid.php on line 175
平日昼の12時ちょうどに訪れたのですが、今回お客さんは2,3人程度で待たずに座ることができました。
今回は座敷の方に案内して頂けました。

Warning: preg_match(): Compilation failed: invalid range in character class at offset 12 in /home/kbtoct/kbtoct.com/public_html/wp/wp-content/plugins/js_composer/include/classes/shortcodes/vc-basic-grid.php on line 175

「元祖鴨南ばん本家」のメニュー

テーブル席に案内された後、席に置かれてあったメニューは下記になります。
特にランチセットのようなものは無く、昼夜同一のメニューと思います。

Warning: preg_match(): Compilation failed: invalid range in character class at offset 12 in /home/kbtoct/kbtoct.com/public_html/wp/wp-content/plugins/js_composer/include/classes/shortcodes/vc-basic-grid.php on line 175
前回は、鴨せいろ(合鴨)(税込950円)を注文しました。
ちなみに150円で大盛りにできます。
今回は値段の高い本鴨せいろ(税込1400円)を注文することにしました。

本鴨と合鴨の違いについて

本鴨と合鴨の違いを調べたところ、下記のような違いがあるようです。
■本鴨
純粋な鴨で、真鴨などの野生種。
数は少なく市場にはあまり出回らない。
■合鴨
野生のまがもとアヒルの雑種。
野生の鴨より脂が多く、肉は柔らか。
レストラン等では合鴨がよく使われるそう。

本鴨せいろ(税込1400円)を食す

注文して10分程度で料理が到着しました。


Warning: preg_match(): Compilation failed: invalid range in character class at offset 12 in /home/kbtoct/kbtoct.com/public_html/wp/wp-content/plugins/js_composer/include/classes/shortcodes/vc-basic-grid.php on line 175
こちらが蕎麦になります。
蕎麦は細切りですが風味もあります。
「鴨せいろ(合鴨)」と変わらないですね。

Warning: preg_match(): Compilation failed: invalid range in character class at offset 12 in /home/kbtoct/kbtoct.com/public_html/wp/wp-content/plugins/js_composer/include/classes/shortcodes/vc-basic-grid.php on line 175
つけ汁には、鴨肉、ネギ、柚子が入っていて、甘めの出汁が本当に美味しいです。
(最後は飲み干してしまった位です。)
汁も「鴨せいろ(合鴨)」と変わらないですね。

Warning: preg_match(): Compilation failed: invalid range in character class at offset 12 in /home/kbtoct/kbtoct.com/public_html/wp/wp-content/plugins/js_composer/include/classes/shortcodes/vc-basic-grid.php on line 175
次は本鴨肉になります。
肉は全部で5,6個入っていたと思います。
一つ一つがボリューム感がありました。

Warning: preg_match(): Compilation failed: invalid range in character class at offset 12 in /home/kbtoct/kbtoct.com/public_html/wp/wp-content/plugins/js_composer/include/classes/shortcodes/vc-basic-grid.php on line 175

まとめ

本鴨は人生で初めて食べました。
野生の鴨肉は合鴨とはやはり違いますね。
まさに野生の肉という感じで、肉々しというか、少々血生臭くもありレバーのような味がフワッと口の中に広がったりしましたね。
肉を噛むとボリューム感があってまさに筋肉を食らっているような感覚でした。
これが本来の野生動物の肉の味なのかなと思いました。
この味を求める人も少なからず居られるでしょうし、いい経験をさせてもらいました。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる