幼稚園年中男児 足し算引き算をカードを使って楽しみながら勉強しよう

別ブログにて、ドリルを使って足し算引き算を学んでいるのですが、一方でカードを使って足し算引き算の勉強もやっていますので、そちらの方法を記載したいと思います。
本屋で1桁同士の足し算、引き算のカードをそれぞれ購入しました
カードは、表が計算式(答えは書かれていない)、裏に答えを含めた計算式が書かれてあります。

Warning: preg_match(): Compilation failed: invalid range in character class at offset 12 in /home/kbtoct/kbtoct.com/public_html/wp/wp-content/plugins/js_composer/include/classes/shortcodes/vc-basic-grid.php on line 175

足し算引き算カードを使った計算練習方法

足し算引き算カードを使ってどう子供と楽しく計算を行ったか記載します。
このカードを使って、子供と親で交互に答えを言い合います。
間違えたら、+1点とし、すべてのカードを言い終えた時点で点数の多いほうが負けという具合にやっていきます。
手を使っての計算は禁止とし、頭で計算し答えを出すことをルールとしました。
もちろん、親がまじめにやれば間違うことはないのですが、時々間違えてあげます。
そうすると、子供は勝利に近づくので嬉らしく、さらに気合いが入ります。
親も次からは間違えないぞ、勝つぞと子供のやる気を上手く引き出すような言動をするよう心がけました。
特に、私は意図的に間違える箇所は、難しい計算の箇所を狙ってわざと間違えていました。
そうすると、親が間違えた答えを子供が自ら計算して親に答えを教えてくるのです。
「パパ~、8+9は8から1を借りて9+1で10でしょ。だから10+7=17が答えだよ~。」というふうに親に教えてくるのです。
「そうそう、人に教えることも勉強だぞ!」と心の中で思いながらも表面上は悔しがりながらも、子供の説明が嬉しかったりしたものです。
ぜひ足し算引き算カードで親子対決やってみてください。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる